タマホーム

公開日: 2023/10/13
タマホーム

「憧れの注文住宅を建てたい」と思ったとき、最初に悩むのが、住宅会社選びではないでしょうか。住宅会社は、大手ハウスメーカーから地元の工務店まで数多くあります。そしてどこの住宅会社に依頼するかで、建つ家は全く変わってくるのです。そこで本記事では、数ある住宅会社のなかから「タマホーム」についてご紹介します。

木造住宅の注文建築を行っている住宅メーカー

タマホームは、木造住宅の注文建築を行う大手住宅メーカーです。2022年度は注文住宅新設着工棟数が全国3位となり、多くの人に選ばれています。そんなタマホームでは、良質な国産材を使った家づくりにこだわっています。柱、間柱、床合板、土台などの構造躯体に、一棟あたり約74.1%もの国産材を使用しているのです。

そして、国産材の品質とコストを管理するため、独自の流通システム「タマストラクチャー」を構築しています。詳しく見ていきましょう。

独自の流通システム「タマストラクチャー」

タマストラクチャーは、質の高い国産材を低価格で、そして安定的に生産、供給するためのシステムです。タマストラクチャーでは、森林組合・林業者、製材・プレカット工場が、タマホームと直接つながっているため、中間マージンがカットできます。さらに事前に建築棟数と木材使用料を伝えることで、必要な分の国産材が安定した価格で仕入れられるのです。

各産地で製材された木材は、タマホームの品質基準をクリアしたあと、指定工場で加工してから、安定した品質で全国に供給しています。タマストラクチャーは、質の高い国産材を低価格で仕入れられるだけでなく、森林資源活用と林業の活性化にもつながるシステムなのです。

「よりよいものをより安く」がモットーの家づくり

タマホームでは「よりよいものをより安く」をモットーに家づくりにあたっています。家づくりにかけるお金を少しでも削減することで、その後の生活が豊かになると考えているのです。そんなタマホームが、質の高い家を低価格で提供するための仕組みを見ていきましょう。

施工の直接管理

タマホームでは、家づくりにおける施工管理をすべて自社支店の工務チームが行っています。他社メーカーだと、実際に工事を担当する施工業者とメーカーの間に現場管理会社が入るのが一般的です。しかし、それでは中間業者にかかるコストが大きくなってしまいます。タマホームでは、施工管理を直接行うことで、中間業者にかかるコストを削減し、さらに業務効率化によって工期の短縮まで叶えているのです。

住宅設備の大量発注

タマホームでは、住宅設備を大量発注することでコストダウンを図っています。年間の建築予定棟数に合わせて、住宅設備メーカーと事前に供給数を協議し、価格設定を行うのです。これにより、自社工場での製造設備や部材の在庫を持つ必要がなくなり、さらに商品開発の経費も削減できるため、大幅なコストダウンが図れます。

建築のご相談からプランの提案、そして契約までのステップ

ここからは、実際にタマホームで建築の相談をしてから契約に至るまでのステップを見ていきましょう。

建築相談

まずは、建築相談に行きましょう。全国各地に展開している店舗のほか、電話やインターネットからの相談にも対応しています。そしてタマホームでは、建築相談の段階から、顧客に専任営業担当者がつき、マンツーマンで家づくりのサポートをしてくれるのです。家づくりのことだけでなく、土地や資金計画、税金など、不安なことは遠慮なく相談してみましょう。

敷地調査

次に、安心安全の家が建てられるよう、建築予定地の敷地調査を行います。役所調査や測量調査など、細かい項目まで丁寧に調査をしてくれるので安心です。

プランニング

営業担当者が、顧客の家族構成、ライフスタイルなどをヒアリングし、実際の家づくりのプランニングをしていきます。周辺の住環境、敷地調査の結果も踏まえながら、顧客にぴったりのプランを作成してくれるでしょう。間取りだけでなく、プランに合った外壁や屋根材といったエクステリア、内装建具、水回り設備の提案も一緒に行ってくれます。パソコンでその場で確認しながらプランニングしていくため、よりリアルに家づくりのイメージができるでしょう。

概算資金計画書の提出

提案されたプランの概算見積もりを確認後、顧客に最適な概算資金計画書が提出されます。

プラン確定、見積書提出

顧客に最適なプランに、タマホームが持っているさまざまなノウハウを反映させ、契約時のプランが確定し、見積書が提出されます。住宅本体価格以外にかかる諸費用や税金についても、細かく丁寧な説明があるので安心です。

契約

プランと見積もりに納得ができたら、いよいよ契約となります。改めて契約内容の説明を受けたあと、建築工事請負契約書を取り交わします。あわせて建築スケジュールも確認し、いよいよ家づくりのスタート地点です。

まとめ

住宅メーカー「タマホーム」についてご紹介しました。タマホームは、独自のシステムとコストカットの仕組みによって、国産材を使った質の高い家を、適正価格で提供している住宅メーカーです。さらに、これまでタマホームが培ってきた実績とノウハウのもと、顧客に合った最適な家づくりプランを提案してくれます。これから注文住宅を建てたいという方は、ぜひタマホームで、質の高い適正価格の家を建ててみてはいかがでしょうか。

タマホームの基本情報

会社名タマホーム株式会社
住所岡崎支店:〒444-2121 愛知県 岡崎市 鴨田町所屋敷28-1
電話番号0120-923-830
営業時間9:00~20:00
定休日毎週水曜日

【岡崎市】おすすめの注文住宅メーカー

イメージ
メーカー名セブンハウス(株式会社NITTOH)クラシスホームアイ工務店共感住宅ray-out(株式会社サンホームズ)一条工務店グルービー(アーキテックス株式会社)アトリエプラス
特徴営業手法を見直し経費を削減。デザインや工法に充てることで、価格以上のデザイン・性能を実現工務店の自由度とハウスメーカーの安心感を併せ持つ。長期保証やアフターメンテナンス等、保証も充実設計の自由度が高く、柔軟な空間提案ができる。住宅性能もとても高い高気密・高断熱で換気性能も高い。高い性能が標準仕様となっている住宅性能の高さを徹底して追求。コストパフォーマンスも高い西三河地域での注文住宅着工実績が豊富。造作家具の評判がよく採用率も高いライフスタイルに合った設計。見た目だけではないトータルデザインが行える
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
迷った方におすすめ!工務店の良さ×上場企業の安心感

セブンハウス(株式会社NITTOH)

セブンハウス(株式会社NITTOH)

セブンハウスは確かな提案力と技術力でお客様の要望をデザインに反映させることを得意としています。家族構成やライフスタイル、建築条件、趣味嗜好などを徹底的にヒアリングします。また、モデルハウスや訪問営業といった一般的な営業手法を撤廃し、削減した経費をデザインや工法に充てているため、予算に合わせた価格設定と価格以上のデザイン・性能を実現します。セブンハウスを運営する株式会社NITTOHは上場企業なので、信頼性も高いです。

おすすめ関連記事

【FAQ】よくある質問

  • プラン、見積もりを作ってもらうのに費用はかかりますか?
  • プランの提案やお見積書の作成には料金は発生しないことが多いようです。
  • 完成までどれくらいの期間が必要ですか?
  • 土地探しから行うのかや、間取りのこだわりなどにもよりますが、5か月~1年が多いようです。
  • モデルハウスの見学時間はどれくらいですか?
  • 1~2時間が目安となっているようです。
  • 納得できるまでプランや見積もりを複数回修正してもらうことはできますか?
  • 可能なことが多いようです。そのため、希望や要望を納得いくまで伝えることができるようです。
  • 住宅ローンや資金計画について相談できますか?
  • 無料で相談可能なことも多いようです。希望があれば、お客さんの状況や希望にあわせて最適な機関を紹介してくれることもあるようです。
  • 建築費以外にどんな費用がかかってきますか?
  • 不動産仲介手数料やローンの保証料、手数料、登記費用、印紙代などがかかり、土地建物の合計の8%から10%ほどが必要になると考えておくとよいようです。
  • 施工の様子を見学することはできますか?
  • 施工の状況によっては見学できないときもありますが、基本的にはいつでも見学可能なことが多いようです。
【PR】続く住宅価格の高騰。コスト低減をはかる住宅メーカーの取り組みとは